マウンテン

どれだけ

しおりちゃんの読んでる本読んだ

一年以上前じゃん

http://hato3-kk.hatenablog.com/entry/2016/11/03/215057

これ書いてからほんとすこしだけ、SF本読んだんですよという報告。作中で青背少ねえというくだりがありましたけど、本当に少なかった。ので通販で買ったり古本で探したりしました。

f:id:hato3-kk:20180408000308j:plain

SFじゃない本も含まれてますが作中で言及されてたやつということで、写真にないですがちゃんと高慢と偏見も読んでます、超面白かった。

1、2冊SF読んだらおもしろーいとなったけどそれ以降読もうとすると胃が痛くなった。話が難しいんだ。えっ一年以上あってこれだけ?って感じですけど本当に読書しないし、苦手だし本は漫画しか読まないので…許して欲しい。これ以外にも三島由紀夫はめっちゃ繰り返し読んでるから!!!好きなので!

月は無慈悲な夜の女王」めっちゃ難しい。ほとんど飛ばしてよんでたので読んだのか本当に?マイクのキャラ性に助けられて何とか読んでた。

「たったひとつの冴えたやり方」このなかの短編でなゆか全然関係ない話が前後して最終的にひとつのになる…みたいなやつあった?それが面白かった。

1984年」しおりちゃんが一番オススメ!とのことだったので一番初めに読んだ。すげーリアルですげー怖かった。細かいとこはまあそんな感じだったけど、これ読んでからデストピアというか退廃的な街ってこんなんか!とイメージできるようになったので良かった。死以外のバットエンド小説久しぶりに読んだ。爽快感がない。(それでいい)

「しあわせの理由」イーガン初心者用として紹介されてたので読んだ、闇の中へがすごく好きで繰り返し読んでる。走っていくイメージと収縮してくイメージが気持ちいいぜ。血をわけた姉妹も好き、チェルノブイリ…とか移送夢で???になってたからこういう分かりやすいエンタメ的なのもいけるのか!と感動。

ディアスポラ」すいません挫折です

「ひとりっ子」全体的にあんまり記憶がない、ひとりっ子ってマジのひとりっ子ってこと?難しい語りが二、三個あって脳が虚無になる。

「祈りの海」ぼくになること、良いですね!!面白い、脳の宝石?とかいう発想がすごい。あと貸金庫もすごく良い、同い年の人間の意識を借りるとかもーよく分からんけどロマンがある、その謎の理由も。

あなたの人生の物語」良かった。冒頭から入る過去語りなんだろうと思っていたらそういうことかーと納得、言語学って考え方から変えることができるんだなあ。

自負と偏見」めっちゃ面白くて一晩で読み切ってしまった。ダーシーああかっこ良い。けど周りにイライラするので、ゾンビ版は途中までしか読んでない。

虐殺器官」外人の名前が全然入ってこない。えっ女にそんな思い入れあったんだ!?と思うところがあったような気がする。

「アンドロイドは電気羊の夢を見みるか?」タイトルまじかっこいいなこれ。マジモンの動物飼えなくて機械飼ってるの恥ずかしい…の概念良かった。突然入るイジドア誰?宗教?の話がよく分からなかったあれいるのか?

夏への扉」これが一番読みやすかった。猫が夏への突然探してるの分かる〜って思った。猫は夏好きだなあ。あとタイムスリップも分かりやすくリベンジも成功しすっきりした。

って感じでした。しおりちゃんのオススメする本…ほとんどまだまだ読めてないけど、というかこれ以上はもう無理そう…だけど、自分が本選ぶときにSFっていう選択肢ができたのはすごい楽しい。自分じゃ絶対選ばないから、あとSFというかイーガン先生の本読んでると思考が異常にに生体寄りになるというか遺伝子操作とかクローンとかすぐ考えちゃうし、まだ星間旅行が普及してないの驚きだし過去も未来もまだ行き来できないの不思議なんだけど、現実が辛い。