マウンテン

どれだけ

そんな事して何になるとの事

定期的に強くなるって、気圧のせい?

何を思っても、何になるんだろう、と感じる

これを言ったら…いや、意味なんてない何が変わるわけでもない。これをしたら、いや結局無理なんだから意味ない。最終的には死ぬんだから何をしてもダメだ。

と、常に諦めている。

何をしても何を思っても、ああダメだ。無駄だ。と気力が肩からスーッと抜けていく。無駄なんだどうせやっても、変わらないだろう何をしても。この、どうせ、の感情が強い。

明るい気持ちの時は、そんなん関係ねえやるしかねえやってダメならしょうがねえ、っていう気持ちがある。でもそれ以外の時は、いやダメならダメでしょ、で全てが終わってしまう。

やることは意味がないのか、生きることとは?みんな死んでしまうのか、消えてしまうのか。発想が極端で、ダメなら死ぬんじゃないかと思ったりするがそんなこともなく、人生が意外に長く、無駄な時間がただ過ぎていくことに罪悪感を抱いたりすることは?

生きることを美化しすぎて、輝いてないと生きていないとか、暗い気持ちには意味がないとか、そういうの全部他人に決められなくても、自分が一番分かってて、それでもまだ少し息をしてるから、生きててもいいんだって言い続けていかなくても生きていけるようにしたい。

自己肯定感の話が流行ってもう結構経って、何読んでも何の話聞いても埋まらない溝がある。こうしたら良くなる、自己肯定が低い人の特徴、逆に高い人の特徴、だから何なんだ。今すぐ変えられることなんて無かった。それが分かって、昔の小説読むたびに共感して、何だ人間なんて昔から一ミリも変わってないんだなと思い、だから変わることなんてないんだなとも思い、今日もいい日だった。何も無かった。